切手以外では、明治時代の頃の古い封筒なども高額で買い取

切手以外では、明治時代の頃の古い封筒なども高額で買い取ってもらえるケースがあります。一般的に、買取をしているお店で鑑定のみを頼むことはできません。

郵送の途中段階で切手が傷つくことがあるので、厚紙を当てて守るようにしてください。特に希少度の高めの切手の場合痛んだりすると査定額が大幅に下がることがあるため気をつけてください。
その理由は、買取をしている店舗では買取を前提に鑑定するので、買取の料金に不満があるケースを除いては売ることを前提として依頼をすることになるからです。
未使用完全品などの条件を満たしていた場合は額面よりも高額になる場合もあるといえます。

消印のついたシートは一般的には買取対象とならない場合が多いようですが、押してある消印の種類によっては買取大将となることがあります。切手は1枚のものよりもシートの方が高く売れることが多いです。小型のシートの場合も、バラよりは高く売れます。切手の買取の場合は古物商の分類となるため、古物営業法で定められた店舗でなければ売却することはできません。加えて、外国切手は買取をしてもらえないことがたびたびあるのですが、ものならば買い取ってもらいやすいです。
ですが、額面の低い切手やセットでも揃っていなければ買い取ってはもらえません。1960年以降売り出された比較的新しい切手であるならば、額面より安い金額での買い取りとなってしまう場合が多いようです。
詳しく述べるなら、額面50円以上の切手だとおよそ7割程度です。

付け加えると、個々のシートや切手をビニールを使用して完全に密封したものや、アルバムに保存していた切手は買取対象とならないこともあるようです。

高価な額で買取が望めるシートとしては、手彫や菊、田沢切手などのシートです。

それらの中でも、保管の状態が優れていて、カラーマーク入りなら需要も多いため、高額となるといえます。買取金額が高くなりやすいものとしては、記念切手というコレクターの人々に大変人気のあるものです。このことから記念切手には売買仲介業を専門に扱う業者がいるため、業者を経由して収集家は売買をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です