加えて、外国切手は買取をしてもらえないこ

加えて、外国切手は買取をしてもらえないことが結構あるのですが、ものの場合買取対象となりやすいです。

けれども、定額のものや不完全なセットだと買い取ってもらうことは不可能です。
未使用で完全なものなど一定条件をクリアすれば額面以上になる場合もあります。
消印が押されているシートは通常は買取の対象にはならない傾向があるようですが、消印の種類によっては買取対象となるものもあります。

買い取り額が高価になることが多いのは、記念切手と呼ばれているコレクターの間で大変人気のあるものです。という訳で記念切手には売買仲介業を専門に扱う業者が存在しており、業者を経由して収集家は売買をしています。

1960年以降発売された比較的に新しめの切手であれば、買取価格が額面以下になるケースが多いようです。詳しく述べるなら、額面50円以上の切手の場合およそ7割程度です。

なぜかというと、買取店においては買取を前提として鑑定するため、買取の料金に同意できないケースを除いては売却することを前提に依頼をすることになります。
高く買取してもらいやすいシートの代表は、手彫や菊、田沢切手といったものです。

それらの中でも、保管状態がよく、カラーマーク入りの切手であれば需要も望めるので、高い金額となります。切手は1枚のものよりもシートの方が高額で売れることが期待できます。

小型シートであっても、バラよりは高く売れます。

切手の買取の扱いは古物商に分類されているため、古物営業法で定められたお店以外では売ることはできません。

切手以外では、明治の頃の古い封筒なども高く買い取ってもらえることがあります。一般的に、切手の買取をしている店舗で査定のみを求めることは困難です。

加えて、1枚1枚のシートや切手をビニールでしっかりと密封されているもののほかアルバムに保存されていたものは買取対象品にはならないこともあるようです。

郵送の途中段階で切手が痛むことがあるため、厚紙を当てて保護するようにしましょう。

とりわけ価値の高い切手の場合は傷がついてしまうと鑑定の額が大きく低下することがあるので気をつける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です