切手以外で見てみると、明治時代の古封筒といったものも

切手以外で見てみると、明治時代の古封筒といったものも高額買取してもらえる場合もあるのです。基本的に、買取店において査定のみを求めることは難しいです。未使用で傷のないものなど条件をクリアしていれば額面以上になることもあります。消印が押されているシートは普通は買い取ってもらえない傾向があるようですが、押してある消印の種類によっては買取大将となることがあります。
1960年より後に発売された比較的新しい切手は、額面以下の金額での買い取りとなる場合が多くみられます。例をあげるなら、額面50円以上の切手の場合約7割ほどとなってしまいます。
なお、外国切手は買取をしてもらえないことが多いのですが、ものであれば買取対象となりやすいです。とはいっても、定額のものや不完全なセットだと買取はしてもらえません。

切手は1枚の場合よりもシートの方が高額で売れることが多いです。小型シートでも、バラよりは高く売れます。切手の買取の扱いは古物商の分類となるため、古物営業法に規定された店舗でなければ売却することはできません。高く買取してもらいやすいシートとしては、手彫、菊、田沢切手などがあげられます。

この中でも、保存状態がよく、カラーマークが入っていれば需要も多いため、高価な買い取り額となるようです。

送っている途中で切手が痛むことがあるため、厚紙を当てるといったことをして守りましょう。特に希少度の高い切手であれば傷ついてしまうと査定額が大きく低下することがあるので気をつける必要があります。買い取り額が高価になりやすいのは、「記念切手」という名がつくコレクターの間で大変人気のあるものです。それにより記念切手には売買仲介業を専門に扱う業者が存在していて、収集家は業者経由で売り買いを行っているのです。
どうしてかというと、買取を行っているお店では買取を前提として鑑定を行うので、買取の料金に納得できない場合のほかは売却を前提として依頼を行うこととなります。また、一つ一つのシート及び切手をビニールを使用することでがっちりと密封したものや、写真の保存に使うアルバムに保管されていたものは買い取りの対象にならないこともあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です